学院環境

東京の伝統と現代感を体験しよう

“江戸”の伝統と現代的な都市“東京”の両方を実感できる街

近隣には相撲のメッカ国技館や江戸東京博物館、江戸情緒いっぱいの浅草の町があり、また電気街として有名な秋葉原も至近。区内には活気あふれる一大観光地お台場もあります。
「江戸」へも「東京」へも気軽にアクセスできる、そんな街で日本語を学んでみませんか?

江戶東京博物館

東京都江戸東京博物館(とうきょうとえどとうきょうはくぶつかん)は、東京都墨田区横網(よこあみ)にある博物館である。両国駅から徒歩3分、国技館の隣に位置する。東京都歴史文化財団が管理と運営を行っている。分館として、小金井市の小金井公園内に江戸東京たてもの園がある。失われていく江戸、東京の歴史と文化に関わる資料を収集、保存、展示することを目的に、平成5年(1993年)3月28日に開館した。

5階と6階が吹き抜けの構造になっており、常設展示のほか、年に4、5回の企画展示や催し物などが開催されている。常設展示室は江戸、東京、通史の各ゾーンに分かれ、絵図、浮世絵などの資料や、日本橋(縮尺1/1)や中村座(縮尺1/1)の複製、長屋の大型模型、可動模型、持上げ可能な千両箱などの展示物が設置されており、城下町としての江戸、庶民の日常生活、火消し、食生活、文化、東京ゾーンでは明治維新、文明開化、東京大空襲などの展示がある。定期的に『江戸東京博物館NEWS』を発行している。

両国国技館 & 相撲博物館

両国駅から徒歩1分のところに大相撲のメッカ、両国国技館があります。周辺には元力士が経営するちゃんこ屋さんも多く、町全体が大相撲の雰囲気で満ちあふれています。

両国国技館(りょうごく こくぎかん)は、東京都 墨田区 横網(よこあみ)にある大相撲の興行のための施設。また、ボクシングなどの格闘技の試合に使われることもある。なお、番付では旧字体で國技館と表記している。

新日本プロレスのG1クライマックス決勝戦に使用され、1991年から毎年12月に高専ロボコンの全国大会、1992年からは毎年全日本ロボット相撲大会が開催されるほか、毎年2月には国技館5000人の第九コンサートが行なわれている。

前出の本田明彦は浜田剛史が出場した全てのWBC世界スーパーライト級タイトルマッチの全てを両国で開催した。また、コンサート・ライブの会場として使われることが年数回程度ある。

相撲博物館(すもうはくぶつかん)は、日本の国技相撲の資料を収蔵した施設である。東京都両国の国技館内にあり、財団法人日本相撲協会が運営している。

入場料は無料だが国技館に併設しているため、国技館で本場所がある際は国技館入場者しか来場ができない。それ以外は誰でも入場することができる。

錦絵や番付、化粧まわしなど相撲に関する資料を収集、保存しています。常設展示ではなく、テーマを設け年6回の展示替により、さまざまな資料をご覧いただけるよう努めています。また、相撲を日本固有の文化ととらえ、歴史などの調査・研究を行っています。

亀戸天神社

亀戸天神社(かめいどてんじんじゃ)は、東京都江東区亀戸にある神社(天満宮)である。菅原道真を祀り、学問の神様として親しまれている。通称 亀戸天神、亀戸天満宮、東宰府天満宮。
< 主な祭事>

鷽替神事: 例年1月24日~25日。縁起物である木彫りの鷽(ウソ)が授与される。「去年の悪(あ)しきはうそ(鷽)となり、まことの吉にとり(鳥)替 えん」との言い伝えによる。

梅まつり: 例年2月第2日曜日から3月第二日曜日まで。

藤まつり: 4月25日から5月5日まで。敷地内の藤棚が一斉に開花し、神社中が一面藤色に染まる。江戸時代から亀戸の藤と呼ばれた藤の名所であり、亀戸以外からも観光客が訪れる。同時に学業講祭も行われ、学業祈願の祈願者も多く訪れる。

菊まつり: 例年10月下旬から11月下旬まで。

秋葉原

秋葉原(あきはばら、あきばはら)は、東京の秋葉原駅周辺、主として東京都千代田区外神田・神田佐久間町・神田花岡町、台東区秋葉原周辺を指す地域名である。
2008年より東京都交通局が運行を開始した観光路線バス「東京→夢の下町」の経由地に秋葉原が含まれているなど、秋葉原は現在急速な観光地化が進んでいる。休日の秋葉原を歩いているといかにもオタクな男性だけでなく、女性だけの集団や、カップルで歩いている姿も珍しくなく、カメラを手にした外国人観光客もあちらこちらで見ることができる。同時にウケ狙いの奇を衒った店や、歩行者天国でのパフォーマンスなどが増え、それら事象がマスコミに取り上げられる一方、オタク趣味が一般化したことにより、従来の、マニアが秋葉原に集まってきて内輪で楽しむ雰囲気が消えつつある。駅前の再開発、アキハバラデパート閉店や家電量販の相次ぐ撤退、それら跡地へのアミューズメント施設や漫画専門書店の進出など、近年の「秋葉原電気街」の変化は特に著しいものとなっている。
主に販売されている商品:電子部品、家電製品、アマチュア無線機、鉄道模型、パソコン(PC)関連、ジャンク関連、音楽ソフト、アニメ・ゲーム・同人誌関連、防犯カメラ・防犯グッズ、盗聴・盗撮機器、飲食店、その他。